更年期障害の治療法は? ホルモン補充療法(HRT)の種類・副作用・発がん等リスク・相談できる病院、その他の治療法

更年期障害の治療法は? ホルモン補充療法(HRT)の種類・副作用・発がん等リスク・相談できる病院、その他の治療法

ホルモン補充療法(HRT)の種類、相談できる病院

更年期障害は、閉経の前後のタイミングで女性ホルモン(エストロゲン等)が減少することによって身体のバランスが乱れ、様々な症状となって現れますが、その女性ホルモンを直接的に薬で補充するのがホルモン補充療法(HRT)です。

種類としては、飲み薬、貼り薬、塗り薬がありますが、飲み薬(錠剤)は胃腸から吸収され、肝臓を通って血液中に入るので、胃腸や肝臓への負担が大きいと言われています。貼り薬や飲み薬は胃腸や肝臓への負担は少ないですが、かゆみ、かぶれ等の皮膚症状が出ることもあります。

タイプとしては、エストロゲン単体、プロゲステロン単体、エストロゲンとプロゲステロンの配合の3タイプがありますが、子宮を有する場合はエストロゲンと一緒にプロゲステロンも併せて投与します。

(注)女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つがあります。エストロゲンは自律神経の調整、骨形成、女性らしさ、美肌、体熱の放散等の働き、プロゲステロンは妊娠サポート、体温の上昇等の働きがあり、この二つのホルモンがバランスしながら女性の体、生理機能等は働いています。

ホルモン補充療法(HRT)には即効性がありますが、様々なリスクや副作用もありますから、医師の診断の下に行うことが必要です。

病院は、出来るだけ身近に婦人科のかかりつけ医をもつことが大切です。更年期の症状は年齢と共に変化していきますし、また更に重篤な病気に発展していくリスクもありますので、その時々にあった適切な対応・治療をしてもらう為にも、普段から自分の症状・状態をよく理解してくれていて何でも相談できるお医者さんがいると、安心感につながりますね。

ホルモン補充療法(HRT)が特に有効な症状

治療効果には即効性があり、数日後には実感できることが多い様です。特に、のぼせや火照り(ほてり)などのホットフラッシュ、発汗、寝汗、動悸、息切れなどの血管運動神経症状には有効です。また、、性交痛などの改善、皮膚の粘膜の異常・乾燥やかゆみの改善、おりものの異常などは改善の実感がある様です。

また、エストロゲンは骨形成の働きがありますから、関節痛、骨折や骨粗鬆症予防等にも有効です。

しかし、本来は身体全体の自然なバランスで調整されるホルモンを外部から補充する訳ですから、必ずしも万全の効果が期待できるという訳でもありません。また、ホルモン補充療法には妊娠した雌馬の尿から抽出されたホルモンが使われますが、人間の女性ホルモンとは少し異なっているため、効果に限界があるとの見方もあります。

ホルモン補充療法の副作用・発がん等リスク

ホルモン補充療法の副作用・発がん等リスク

ホルモン療法ガイドライン(2017年度版 日本産婦人科学会)等によりますと、

主な有害事象(副作用等)としては、不正性器出血、乳房のハリや痛み、片頭痛、乳がん、動脈硬化、冠動脈疾患、脳卒中、子宮内膜がん、卵巣がん、その他の腫瘍 等が記載されています。

また、使用が禁止又は慎重投与が必要なケースとしては、肝疾患の病歴または疑い、子宮内膜ガン・卵巣がん・乳がんの病歴または疑い、冠動脈疾患・脳卒中・心筋梗塞・血栓症の既往または疑い、性器からの不正出血、胆嚢炎および胆石症、糖尿病、高血圧、子宮筋腫、子宮内膜症、片頭痛、てんかん 等があります。妊娠している可能性がある方も受けられません。

また、治療中の喫煙は禁止されています。

つまり、ホルモン補充療法の大きなリスクは、主に「血栓(血の塊)による疾患」と「がん」です。特に乳がんについては、2002年にアメリカで、ホルモン補充療法を5年以上行った場合に乳がんが増えると発表されたことにより、日本でも大きく話題になりました。ただ、その後反証等もあり、まだ明確な答えは出ていないのが実情です。

また、エストロゲンのみを長期投与し続けると子宮内膜が増殖し、子宮がんリスクが高まると言われています。子宮を有する場合にプロゲステロンを併せて投与するのは、子宮がんのリスクを軽減する目的もあります。

ホルモン補充療法の利用に係る海外のガイドラインでは、

  • ホルモン補充療法を利用するかしないかは個人の判断だが、適切な判断ができるよう、医師から適切かつ総合的な情報を提供する必要がある、
  • ホルモン補充療法の投与量は最小限に抑えるよう、個々に計算されなければならない、・・・・等の方針もあるようです。

ホルモン補充療法は即効性も期待されますが、一方で、多少の差、種類の差はあるにせよ何らかの副作用・リスクがあります。自分の身体と相談しながらゆっくりと安全に改善していきたいという方には、他の治療方法もあります。

その他の様々な治療法

更年期生涯のホルモン治療以外の治療法

ホルモン補充療法のリスクが気になるという方には、他の治療方法として漢方薬があります。漢方薬は、ホルモン補充療法ほどの即効性は期待出来ませんが、副作用やリスクの心配もありません。

漢方薬は、症状やその人の体質・状態やエネルギーバランス等を総合的に診断して処方がされますから、出来るだけ信頼できる治療院や先生にご相談されると、より効果的な漢方による治療が可能になります。

また、どの様な治療を選ぶにせよ、更年期障害は自律神経の乱れが症状の大きな原因になっていますから、生活習慣を改善することによって症状が改善・緩和する可能性も十分あります。自律神経が安定する様な生活スタイルを心がけることは、誰にでも出来ることです。

具体的には、暴飲暴食を避ける、十分な睡眠をとる、適度な運動をする、ゆっくりとお風呂に入る、日光浴をする、よりよい食事を心がける、必要な栄養をしっかりと摂る、出来るだけストレスを避ける、リラックス出来る音楽を聴く、アロマテラピー等々・・・・。

加えて、ホルモンバランスや自律神経を整えるサプリメントを活用することも、リスクがなく更年期の症状を改善できる有効な方法の一つです。