更年期と自律神経失調症は別?原因・治療法は異なる?有効な漢方、サプリは?

更年期と自律神経失調症は別?原因・治療法は異なる?有効な漢方、サプリは?

更年期と自律神経失調症の違い(原因・症状)

更年期障害は閉経前後のタイミングで女性ホルモン(エストロゲン等)の分泌減少が原因となって、自律神経が乱れて女性が発症する症状のこと。 一方、自律神経失調症とは、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れることによって発症する様々な症状の総称のことを言います。

つまり、明確な定義付けは難しいですが、自律神経失調症状のうち、原因が女性ホルモンの減少によるもの(40~50代女性)を特に更年期障害と呼ぶ、と考えると一番わかりやすいかも知れません。

更年期障害の主な症状としては、肩こり、疲れやすい、頭痛、のぼせ・ほてり・発汗・ホットフラッシュ、生理不順、腹痛・腰痛、不眠、イライラ、動悸・息切れ、うつ状態・不安感、めまい 等。

一方、自律神経失調症の主な症状としては、頭痛、不眠、めまい、関節症、心身症、不安障害、気分障害、抑うつ神経症、頻尿、尿漏れ、膀胱炎 等、と言われます。

更年期障害と自律神経失調症で原因は異なりますが、どちらも自律神経の乱れが基本的な要因ですから、症状も大きくは変わりません。しかし、更年期障害と診断されるか自律神経失調症と診断されるかによって、治療や薬などは違ってきますので注意が必要です。

(注)更年期障害は基本的には40~50代に発症する病気ですが、若年性更年期障害(20~30代女性)や男性更年期障害もあります

それぞれで異なる治療法と注意点、混同されてしまった場合のリスク

更年期と自律神経失調症、異なる治療法と注意点、混同されてしまった場合のリスク

更年期障害の治療としては、一般的にはホルモン補充療法(HRT)が行われます。更年期の閉経前後のタイミングで不足する女性ホルモン(エストロゲン等)を直接的に薬で補充するのがホルモン補充療法(HRT)です。効果に即効性があると言われていますが、様々なリスクや副作用もありますので、必ず医師の診断の下に行う必要があります。

一方、自律神経失調症の場合、自律神経に特効薬(自律神経に直接働きかける薬)は無いとも言われています。比較的症状が軽い人に処方される自律神経治療薬(自律神経の交感神経と副交感神経を整える)というものがありますが、効き目は穏やかで2週間以上服用しても効果が見られない場合は他の治療法が検討されることも多いようです。

自律神経失調症に対して他に用いられる薬としては、一般的には抗不安剤(精神安定剤)、抗うつ剤、睡眠薬 等とされています。

しかしこれらは見て分かる通り、うつ病や不安障害、不眠症といった疾患に対して用いられるものです。その人が特に、精神的不安感が強い、うつ症状が強い、夜なかなか眠れない等の症状の場合は、まずはその症状を抑えて悪循環を断ち切るという意味で使用する効果はあるかもしれませんが、心に作用する薬ですから間違って使うと症状が更に複雑になってしまうこともあり、注意が必要です。

更年期を自律神経失調症と混同されてしまった場合のリスクとして、本当は更年期の一時的な症状であったにも関わらず、病院で自律神経失調症と診断され、治療になかなか効果が出ないので抗うつ剤や精神安定剤を処方されて、逆に心のバランスが崩れて本当にうつ病になってしまった、等のケースも無いとは言えません。こんな事が無い様に、信頼できるお医者さんを選んで、尚かつ自分でもしっかりと考えて判断することも大切です。

そもそも自律神経って何?

自律神経とは?

では、そもそも自律神経って何でしょうか?自律神経とは、脈拍や血圧、発汗、消化運動などを調節(コントロール)している神経です。性ホルモンや脳内ホルモンの調整も行いますから、男女の生理機能や精神状態にも影響します。

自分が意識して行っていなくても心臓は勝手に動いていますし、温度が上がると勝手に汗が出て熱を放散してくれますが、これらは全て自律神経の機能によるものです。つまり、人間が生きていく為に、外部の状況やその変化、外部からくるストレスに併せて自然に対応してくれる機能が自律神経です。

外部からくるストレスとしては、運動等による肉体的ストレス、プレッシャー等の精神的ストレス、空腹や食事等と関係する栄養的ストレス、また暑さや寒さ等の温度的ストレス等があります。

よくストレスが良くない等と言いますが、実は、運動によって体が鍛えられるのと同じで、毎日適度なストレスを身体に与えて身体が適正に対応できる能力を身につけることは大切です。その前提の下で、症状の原因が仕事による過度のストレスであるならば、その部分を改善することによって自律神経を元の健全な状態に戻す、ということが可能になります。

また、自律神経は、交感神経(興奮や緊張している状態で優位になる)と副交感神経(抑制やリラックスをしている状態で優位になる)から成っていますが、交感神経は主に日中に活発に活動し、副交感神経は夜に優位になります。

自律神経が乱れる(状況に対して身体が適正に反応出来ない)原因として、閉経によるホルモンバランスの一時的乱れの他、会社のストレスや深夜の残業などによる不規則な生活リズム等があり、この原因の違いによって病名が変わってくるという見方も出来るかも知れません。

自律神経に有効な漢方薬

自律神経に有効な漢方薬

自律神経の乱れには漢方薬は有効だと言われています。

西洋医学は症状に対して個々に病名をつけて治療方法を定義することが多いのに対し、漢方の属する東洋医学は身体全体を診て治療していくという方向性なので、自律神経の様な身体全体のバランス調整が関係している症状には適しているのかも知れません。

一般的によく使われる漢方薬としては、

《半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)》

心身ともに疲れやすく、冷え性でうつ傾向の方、動悸、めまい、吐き気、気分のふさぎに効果、

《柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)》

比較的体力のある人で、不安感、不眠、イライラ、頭痛や肩こり等のある人に有効、

《桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)》

神経の高ぶりを鎮めて気力を付け、心を安定した状態にする。不安感が強く動悸、虚弱の人に効果あり、

等があります。

漢方薬は、その人の気の状態、体格やエネルギーバランスを診て処方を行いますから、症状が同じでも治療がすべて同一とは限りません。信頼できる治療院や先生にご相談されることによって、より効果的な漢方治療が可能になります。

ただ、ホルモン補充療法や抗うつ薬とは違って大きな副作用はありませんから、まずは少しづつ取り組んでみられても良いと思われます。

自律神経のバランスを整えるサポニン

自律神経のバランスを整えるサポニン

サポニンとは、大豆や高麗人参といった植物の葉や茎、そして根っこの部分に多く含まれている配糖体(はいとうたい)の一種ですが、

  • 自律神経のバランスの改善

サポニンの摂取は副腎皮質ホルモンの分泌を促進します。交感神経と副交感神経のバランスを整えることに繋がり、感情や気分を安定させることが可能になる、

  • 血流の改善・動脈硬化の予防

血流が滞って血管が弾力を失い、硬く、脆く、そして狭い血管になると、冷えや浮腫みの原因になります。また、状態が長期化・悪化すると、最悪は動脈硬化、心筋梗塞などの原因となる可能性もあります。サポニンは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールが酸化されるのを防ぎますので、血流の改善に効果があります。また、血流が活発になれば基礎体温の上昇にもつながる、

  • 肥満の改善

サポニンは、腸で吸収したブドウ糖と脂肪が合成しないように働きかけますので、隠れ肥満のリスクを予防する、

  • 脳の機能の改善

サポニンの摂取で脳の機能が改善される効果が期待できる、

  • ストレスの軽減

サポニンにはストレス軽減と、自律神経を整える作用あり、

等の効果があるとされています。

このサポニンを多く含む漢方としては高麗人参や田七人参がありますが、特に田七人参は高麗人参の約7倍ものサポニンを含有していると言われています。

また、田七人参の歴史を見ると、紀元1世紀頃の中国初の本格的な医学書「神農本草経」に「五臓を補う」(心、肝、肺、腎、脾に作用して活動を活発化する)と記載されています。

東洋哲学では、人間のすべての活動・営みに限らず、宇宙や人生もすべて五行(ごぎょう:木、火、土、金、水)で出来ているとされていて、この五行に対応する人間の身体の機能が五臓(心、肝、肺、腎、脾)で表されています。ですから、「五臓を補う」ということは、人間の身体のすべての機能が正常に働くために作用する、という意味になります。

田七人参は昔から「金不換」(キンフカン:お金に換えられないほど価値が高いという意味)と呼ばれているそうですが、昔の人はその価値をよく理解していたのかも知れませんね。

日頃の対策

自律神経を整える為に日頃から自分で出来ることとしては、まずは夜は早めに床について朝は早めに起きること、しっかりと良い食事(栄養)を摂って暴飲暴食は避けること、適度な運動をすること、身体を冷やさないこと、ゆっくりとお風呂に入って体をリラックスさせること、夜よく眠ること・・・等々。

特に夜の睡眠はとっても大切です。仕事や食事、運動やお風呂等一日のスケジュールを、夜ぐっすりと眠ることを中心に据えて生活リズムを考えてみるとよいかも知れません。また、ストレスを貯めこまないように工夫することも大切です。

加えて、自律神経とは言わば、自然環境や外部環境から発生する影響・ストレスと身体の機能をつなぐコミュニケーションツール 、あるいは自然の営みと身体の営みを調和させるコミュニケーションツールですから、

週末に海を見に行ったり、あるいは山にハイキングに出かけたりと、大自然を五感で感じる機会を増やしてコミュニケーションツールの感度を高めることによって、身体が自然に本来のリズムを取り戻すことに繋がるかも知れませんね。